日本語

English

企業情報

船舶損害

貨物単独海損精算業務

貨物保険のお支払い業務を円滑に進めるためには、貨物海上保険約款の専門知識は言うに及ばず、貿易の実務や運送契約、貨物毎の性質や特徴などを熟知している必要があります。また、関係者に分かりやすく保険のしくみや手続きのご説明を行うことや、海事鑑定人や関係者を調整するハブとしての役割も求められます。豊富な知識と経験を持つスタッフがこの貨物単独海損精算業務を円滑に行い、保険会社や貨物関係者から高い評価をいただいております。

クレームエージェント業務

海外の損害保険会社による日本向けの輸出貨物保険の、日本におけるクレームエージェント業務を行います。また、本邦保険会社がクレームエージェントである場合には、当該保険会社から同業務の代行会社としての委嘱を受けております。貨物精算業務同様、事故受付、損害調査、証拠書類の収集、保険金の算定までを一貫して行います。関係者をリードし、円滑、速やかに精算書を作成し保険会社へご案内いたします。

ロスプリベンション業務

ロスプリベンションとは損害を未然に防止することを指します。
輸送中の事故データを調査・分析することにより、その貨物特有の物流上のリスクを把握し、改善策を検討することにより将来の事故を防ぐことを目指します。
貨物の損害関係書類から、コアとなるデータを集積、分析することにより、ロスプリベンション活動のお手伝いをいたします。

共同海損業務(貨物保険者の立場として)

保証状の発行、単独海損の精算の後、共同海損の貨物分担金精算までにはさらに数年を要することが常であり、 継続的、効率的に事案の管理を行うことが必ずしも容易ではありません。貨物保険者の立場から、○期末の支払見込み額調査、算定業務、 ○海損精算人への照会、○精算書の確認と意見書の作成、○長期事案のサマリー作成、などの業務支援を行います。

語句説明

貨物単独海損精算
貨物海上保険、運送保険における、共同海損以外の一切の損害について、その損害原因の調査、必要書類の収集、保険の対象となる損害額の算定を行い、精算書を作成する業務です。
貨物単独海損精算業務は、保険事故の発生の第一報を委託元の保険会社殿、又は受荷主殿からいただいた後、種々の調査を経て、精算書を作成するまでの業務を行います。